脱ジブリなるか…NHKで武者修行「2代目」宮崎吾朗監督の心境

【限定公開】 再販できるプチ商材のご提供

 2代目が思いの丈をぶちまけた。宮崎吾朗監督(47)が2日、テレビアニメシリーズ「山賊の娘ローニャ」(NHK―BSプレミアム、10月11日19時~)の完成試写会に出席。初めての3DCGのアニメーション制作に、「結構いけるじゃん! 放送回を重ねるごとにもっとよくなると思う」と自信を見せた。

 実父である宮崎駿氏(73)が立ち上げたスタジオジブリを初めて離れ、国内有数のCGスタジオである「ポリゴン・ピクチュアズ」とタッグを組んで制作した。すなわち、このアニメ、ジブリ作品ではない。これまで監督として手がけたものの、いまいちパッとしなかった映画「ゲド戦記」(06年)、「コクリコ坂から」(11年)とは、環境もスタッフもガラリと違うというわけ。

「本当にジブリに帰れるのかな。ここ1年ぐらい行っていないし、ジブリがどうなっているのか分からない。武者修行に出たまま戻れないかもって心配になります…」

■大番頭がハッパ

 ジブリの大番頭・鈴木敏夫氏から「ジブリにいる限り、宮崎駿の影響から逃れられない。外に出て武者修行してこい」とハッパをかけられたという。そんな環境への嘆き節とも甘えにも聞こえる発言だが、それだけにあらず。「父親がなにせ宮崎駿なもんですから、いくつになっても息子であることを意識している」といった具合に、どこか達観したようなすがすがしさも感じさせたのだった。

「僕は自分を作家だとは思えない。なので、ポスト宮崎駿にはなれないし、なりようがない」

 今後のアニメ界を牽引する存在の言葉としては少々覇気に欠けるが、この日の試写会には「ドワンゴ」会長で同番組プロデューサーの川上量生氏という新“番頭”も出席。2代目に託された「ジブリ丸」の行方はいかに。

日刊ゲンダイ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ